デリヘルでよくあるパネマジって?

デリヘル初心者

デリヘルでよくあることといえば「パネマジ」でしょう。
デリヘル利用者であれば、誰もが一度は通る道…といっても過言ではないかもしれません。
しかしデリヘルに馴染みが無い人だと、「パネマジって何?」という感じですよね。

そこで今回は、デリヘルでよくあるパネマジについてまとめてみます。

そもそもパネマジとは?

「デリヘルでよくあるパネマジってそもそも何なの?」
デリヘルを使ったことがないと、こうした疑問がわきあがりますよね。

パネマジとは「パネルマジック」を略した言葉です。
パネル写真(プロフィール写真)と実物が全然違う!という時にこの言葉を用いります。
「写真ではものすごい美人だったのに会ったらブス」「スタイル抜群かと思いきや実際は太っていた」などなど…。
加工技術が進化した昨今、デリヘルでのパネマジ被害者は後を絶ちません。

お客をGETするためとはいえ、過度なパネマジはハッキリ言って詐欺です。
ただ実際、どんなにひどいパネマジでも詐欺罪などには当たらないんだとか…!?
なんだかお客としてはいろいろ納得いかないですよね。
例えばホクロを消したり程度だったらまだしも、別人クラスに変えちゃうのはさすがにどうなのよ?というところです。

このパネマジは、デリヘル利用者にとって非常に重要な問題と言えるでしょう。

パネマジ被害に遭った時の対処法は?

もしパネマジ被害に遭ったらどうするべきなのか?
これはズバリ「チェンジ」をするしかないでしょう。

見た瞬間に「あ、パネマジだな」とわかったら、扉の前で即チェンジと告げてください。
ここでうっかり部屋に入れてしまうとOKの証になるので要注意!
またお店によってチェンジ有料か無料か異なりますので、その辺もしっかり確認しておきましょう。

中には「チェンジをしたら相手を傷つけるのでは」と考える人もいます。
そういった気持ちもわからなくはないですが…。
そもそもパネマジをする側に原因があるわけですからね。

「あの写真の嬢が来るのか~」というワクワクをぶち壊すのですから、むしろこっちのほうが傷付くと言えるでしょう。
何の理由もなくチェンジをしたらそれこそ可哀想ですが、明らかに別人級が来ちゃったら、これはもうチェンジするしかありません。

パネマジ被害に遭ったら、迷うことなくチェンジをしましょう!

もうパネマジはウンザリならば!

デリヘルでよくあるパネマジに引っかかったら、チェンジするのが一番です。
ただ、チェンジをしたからといって安心できません。
なぜなら、チェンジ後に再びおかしなデリヘル嬢がやって来る可能性もあるからです。

またチェンジも無限にできるわけではありませんからね。
限りある回数の中で何度もハズレを引いてしまったら、段々ヤル気も失せてくるでしょう。
時間の無駄だなという気持ちにもなりますよね。

もはやデリヘルを使う以上、このパネマジ問題は避けて通れないと言えそうです。

しかし!
パネマジを回避してデリヘルと同様のサービスを受けられるとしたら…どうでしょうか?
ハッキリ言ってこの上なく最高ですよね。

出会い系型新風俗マッチングサイト・sanmarusanなら、そんなこの上なく最高な状況を実現することが可能です!

なにしろsanmarusanは、キャスト&ゲストが一対一でサービスを楽しむ場ですからね。
一切お店を通さないサービスなので、プロフィール写真もお店ではなく本人が自らアップ!
すなわち加工するプロ(レタッチャー)の出番もナシ!
修正だらけの別人級な写真がアップされる…という事態が起きないわけです。

もうパネマジはウンザリならば、sanmarusanの利用を強くオススメします。

まとめ

今回は「デリヘルでよくあるパネマジって?」という疑問についてご紹介しました。
このパネマジ、お客側からすると本当に困りものなんですよね~。
最終手段はチェンジですが、これも回数に限りがあるのでなかなか大変…。
「パネマジは心底勘弁」という人は、ぜひsanmarusanを使ってみてくださいね。

コメント