デリヘルを呼んだら知り合いが…こんなときどうする?

デリヘルの疑問

デリヘルを呼んで知り合いが来てしまうと、非常にやりにくいですよね。
ぎこちない挨拶、ひたすら続く沈黙、部屋中に漂う気まずい空気…。
もはやデリヘルどころじゃないという雰囲気でいっぱいになるでしょう。

では、デリヘルでうっかりバッタリ知り合いに会ってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク
デリ嬢とやり放題!sanmarusanマッチングが7日間無料!
スポンサーリンク
デリ嬢とやり放題!sanmarusanマッチングが7日間無料!

気にせずそのまま進めるべし

デリヘルを呼んだら知り合いが…という緊急事態に陥った時、あなたならどうしますか?
まるで近所で出会ったかのごとく「どうも~」とにこやかに対応するのも、なんだか妙なものです。
だからといって、ずっと黙りっぱなしになるのも具合が悪いですよね。
「こんなときどうするべきなんだ…?」そんな自問自答が頭の中を駆け巡ることでしょう。

しかしいざとなったら、もう知り合いだろうとなんだろうと関係ありません。
相手はデリ嬢、自分はデリヘル利用者。この事実は揺らぎようがないわけですよ。
それならば、もういっそ完全に割り切ってプレイを楽しむのが一番です!

最初はお互い戸惑うかもしれませんが、切り替えてプレイに集中すれば段々気にならなくなります。
むしろ「知り合いとやってる」という予期せぬ事態に興奮を覚えるかもしれません。
考え方を変えてハプニングを楽しんでしまえばこっちのものです。

また、その知り合いとどれくらい親しいかによっても微妙に対応が変わってきます。
例えばよく会うレベルなら、ビックリだね~と笑いのネタにして楽しむのもアリです。
逆にほとんど交流ナシなら、アッサリ淡々とやっちゃっても問題ないでしょう。

とにもかくにも、基本は割り切ってそのまま進めるのが一番です。

最後はチェンジorキャンセル

デリヘル利用者であればおなじみの「チェンジ」。
これは読んで字のごとく、デリ嬢をチェンジするシステムです。
やって来た嬢がイマイチだと感じた場合、他の嬢に変更(チェンジ)することができるわけです。

こちらが萎えた状態から抜け出せないと、相手はますます困っちゃいますしね。
「やはり知り合い相手は気まずい…」
「恥ずかしさばかりが勝ってヤル気が失せてしまう…」
そんな時は、チェンジして別の嬢に変えてもらいましょう。

ただ、プレイが始まってからのチェンジは不可能です。
「とりあえずちょっとキスしてみたけど…やっぱり無理だ」というのはNGですのでご注意を。
またチェンジ後のデリ嬢が必ずしも好みのタイプとは限らないため、その辺も覚悟しておきましょう。

あとはキャンセルという手もあります。
ほとんどのお店はキャンセル料を取りますが、ヤル気が失せた時に無理矢理やっても面白くないですからね。
ひとまずキャンセルして一旦退散、というのもひとつですよ。

もしも知り合いが…という不安を一掃するには

もし店に知り合いが在籍していても、写真をチェックした際に「まさか…」と気付ければ遭遇せずに済みます。
しかし、もしその写真が激しく加工・修正されていたらどうでしょうか?いわゆるパネマジってやつですね。
このパネマジをやられてしまうと、とてもじゃないですが気付くことなどできません。

しかし、出会い系型新風俗マッチングサイトのsanmarusanなら安心です。
というのも、このsanmarusanはお店を通さないサービスですからね。
プレイ内容の打ち合わせ・確認など、お客(ゲスト)とのやりとりは、全てキャスト本人が行います。
もちろん実際に会ってではなく、サイト内のメールでお話しする形です。

そしてゲストとのやりとりだけではなく、写真のアップもキャスト自身が行うわけです。
すなわち、プロが修正しまくってパネマジ写真を作り上げる…なんてことが無いわけですよ。
これなら仮に知り合いだったとしても、写真を見れば一発でわかりますよね!

「もし知り合いが来ちゃったらどうしよう…」
そんな不安を一掃し、気兼ねなく楽しみたいなら、sanmarusanのほうが断然オススメですよ。

まとめ

「おいおい、デリヘルを呼んだら知り合いが来ちゃったよ…」。
そんなハプニングが起きたら、ひとまず気にせず割り切ってプレイを続けちゃいましょう。
あるいはチェンジorキャンセルをして、後日再びリトライです!

それでも心配なら、デリヘルではなくsanmarusanを使ってみましょう。
知り合いとの遭遇も回避できるうえに、自分好みの子ともバッチリ出会える!これは登録しないと損ですよ~。

コメント