デリヘルのランキングってあてになるの?

デリヘルの疑問

デリヘル嬢を選ぶ際、ランキングが決め手になるということも多いでしょう。
ただ中には、「デリヘルのランキングってあてになるの?」なんて疑問を抱く人もいます。
いろいろ考えると疑心暗鬼になっちゃいますが…これってデリヘル利用者にはありがちな疑問ですよね。

では実際のところ、デリヘルのランキングは本当にあてになるものなのでしょうか?

スポンサーリンク
デリ嬢とやり放題!sanmarusanマッチングが7日間無料!
スポンサーリンク
デリ嬢とやり放題!sanmarusanマッチングが7日間無料!

デリヘルのランキングは裏工作もある?

多くの人は「ランキング上位の嬢を選んでおけば間違いなし!」と思うものです。
普通に考えたら、人気のある嬢=ランキング入りして当たり前、ですからね。
デリヘルのランキングは最もわかりやすい判断材料と言えるでしょう。

そのためもちろんこの考え方は間違っていません。
デリヘルのランキングを元に嬢選びをするのは、いわば至極真っ当です。

ただ、全ての人がデリヘルのランキングを信じるわけではありません。
「これって本当にあてになるの?」「なんか裏で操作してるんじゃないの?」
そんな疑問を抱く利用者も数多く存在します。

というのも、実は「一部の店ではランキングの裏工作をしている」という噂があるのです。

確かにランキングの順位なんて、店側がチョロッと操作すればいくらでも変えられますからね。
例えば人気の無い嬢を上位にランクインさせることでお客を騙し、その不人気嬢の売り上げを伸ばす…なんてことも可能なわけです。

もちろんほとんどのお店は真実のランキングを載せているでしょう。
しかし中には、裏でコッソリ偽装する姑息なお店もあるとか…。
こうした説が流れると、「デリヘルのランキングってあてになるの?」という疑問がさらに膨らんじゃいますよね。

ナンバーワンと相性が合うとは限らない?

裏工作説も流れるデリヘルランキング。
しかし当然ながら、普通のまともなお店なら裏工作などしません。

ましてや今の時代、ちょっとでも悪い評判が立つとネットですぐに広まっちゃいますからね。
裏工作がバレてネットで拡散でもされようものなら、お店の信用はガタ落ちです。
そのため大抵の場合はそれほど心配する必要なしと言えます。

ただ、やはり嬢と客にも相性があります。
たとえデリヘルランキングでナンバーワンに輝く嬢でも、自分との相性が悪ければどうしようもありません。
「確かに見た目もサービスもいいけど…な~んか違うんだよなあ」
そんな謎の引っ掛かりや不満を感じることもあるわけです。

また好みやツボがマニアックだと、大衆受けする人気デリ嬢はかえってピンとこなかったりします。
そのため、必ずしもランキング入りしている嬢にグッとくるとは限りません。
自分に合うか、合わないか…。やはり最終的には相性の問題と言えそうですね。

あてが外れた!を防ぐには

デリ嬢を選ぶ際、確かにランキングはある程度参考になります。
しかし、「やっぱりデリヘルのランキングはイマイチあてにならない」と感じる人もいるでしょう。
なんだかんだで自ら選ぶのが一番、といったところでしょうか?

ただデリヘルは、うっかりハズレを引いちゃうこともありますからね~。
「見た目も中身もイメージと全然違う子がやって来た!」なんて悲劇が起こることもしばしば。
そのため、ランキングどころか写真やプロフィールすらあてにならないケースもあるわけです。

デリヘルを使う以上そういうこともあるさ…とわかっていても、やはりなるべくならあまりハズレは引きたくないですよね。
またハズレな地雷嬢に遭遇すると、正直なところお金の無駄だったなと思ってしまうものです。

そんな悲劇を回避するためには、出会い系型新風俗マッチングサイト・sanmarusanの利用が一番!

sanmarusanはお店を通さないので、気に入ったキャストと一対一でやりとり・打ち合わせが可能です。
写真やプロフィールが見られるだけではなく、実際にメールでお話もできちゃう…というわけですね。
もちろん、やりとりの時点で「ちょっと違うかな」と思ったらお断りすることもOK。
そのため「イメージと異なる」「あてが外れた」なんてことがありません!

自分の感覚でじっくり選べるので、相性バッチリな良嬢と出会いやすいですよ~。

まとめ

「こっそり操作している」なんて噂も囁かれるデリヘルのランキング。
しかし大抵のお店は、そっくりそのまま本当の結果を載せています。
そのため基本的には、デリヘルのランキングはあてになると言えるでしょう。

ただ、やはり一番大切な点は「相性が合うかどうか」です。
そして相性の部分を確かめるためには、やはりsanmarusanのように、実際にやりとりして接するのが一番ですね。

コメント